CMS「すぐ使えるCGI」の開発者がご質問にお答えします

 

SSLで使えますか?(すぐ使えるCGI) (No. 1946)

回答日: 2017-04-28
<< 掲示板一覧  >> 質問する

質問

すぐ使えるCGI 画像付 ウェブページ更新ツール 大容量版 Ver 3.0を使っているのですが、SSLで使用すると、500エラーかもしくは以下のようなエラーメッセージができます。

処理の途中でエラーが起きました。
大変申し訳ありませんが、時間が経ってから再度作業して下さい。

このエラーが続く時は、管理者に連絡して下さい。CGI 設定中の場合、設定を確認して下さい。

(ロックが取得できませんでした。 Failed to get exclusive lock; Failed to mkdir ../data/lock: File exists)

SSLでは使えないのでしょうか?
使える場合、対処法を教えてください。
よろしくお願いいたします。
投稿日時: 2017-04-28 17:38

回答

「すぐ使えるCGI」のご利用誠にありがとうございます。

■SSLへの対応
さて、早速ご質問の件ですが、「すぐ使えるCGI」はSSLに対応しています。(実装としては、SSLで使用されているかどうかを感知していません。)

■現在のエラー状況
出ているエラー(「ロックが取得できませんでした。」)は、何か別の理由で管理画面の実行がエラーになった直後にアクセスした場合の表示です。このため、起きている事は、「何らかのエラー(500)で管理画面が終了」→「その後にアクセスすると、エラーメッセージが表示される」が繰り返されているのかと思います。
(エラーメッセージの表示は、1分間でリセットされます。)

このため、解決のためには、500エラーの原因を知る必要があります。下記の点に該当するものはありますか?

■エラーの原因の可能性

○サーバの適合性
お使いのサーバは、これまで SSL で無ければ「すぐ使えるCGI」が動いていたサーバでしょうか?そうでないなら、「すぐ使えるCGI」がサーバと適合していないか、設定ミスがある可能性があります。

もし、新しいサーバにお手持ちの製品をコピーして設定しているのであれば、SSL でない環境で動くかをまず試してみて下さい。


○SSL に移行した時の問題
同じサーバなのに http:// では期待通り動作し、SSL(https://)のみでエラーが出る場合、考えられるのは、レンタルサーバの仕様上、URLの変換などがされており「すぐ使えるCGI」が稼働できないケースです。独自ドメインではなく、共用SSLの場合によく発生します。

もしSSLの場合は通常とはURLのホスト名部分が異なる場合、このケースに該当する可能性が大きいです。この場合は、お使いのレンタルサーバで SSL での対応は無いとお考え下さい。

■どれにも該当しない場合
どちらのケースにも該当しない場合、外からは原因が分かりません。サーバの「エラーログ」などを入手してお送りいただけますか?

どうぞよろしくお願い致します。

回答日: 2017-04-28

さらに詳しく