カスタマイズが簡単な小規模サイト向けCMS - まずは体験版でお試し下さい

 

導入の流れ

「すぐ使えるCGI」を始めてお使いになる方に、導入の流れをご案内します。

  1. デモを眺める
  2. ダウンロード
  3. お試しインストール
  4. デザイン調整の方法を確認
  5. Webサイト制作
  6. ライセンス購入
  7. 公開

1. デモを眺める

まずはデモを眺めて、イメージに近いホームページが作れる製品を探して下さい。

2. ダウンロード

イメージに合うものが見つかったら、製品をダウンロードして下さい。デモの管理画面の右上にダウンロードのリンクがあります。

3. お試しインストール

製品をダウンロードしたら、どこか使えるサーバにインストールしてみて下さい。1か月間の無料体験(試用)が可能です。
おおよその設置方法はこちらです。

細かい作業手順は「ステップ by ステップガイド」をご覧下さい(サンプルはこちら)。

※「ステップ by ステップガイド」は製品ごとに異なりますので、実際に設置をされる際は製品をダウンロードした時に表示されるリンクからご覧下さい。解凍したファイル内にも同じものが同梱されています。

4. デザイン調整の方法を確認

初期設定で書き出されるページは真っ白です。ここに、ご自身のデザインを組み込んで下さい。

デザイン変更は「デザインテンプレート」を編集して行います。

始めに製品の「デザイン変更チュートリアル」(サンプルはこちら)をご覧いただき、テンプレートファイルとデザインの対応関係を把握して下さい。通常30分位で終わります。

5. Webサイト制作

ひと通りデザイン調整の仕組みが分かったら、実際の制作に進んで下さい。
試用した製品の機能で問題なければ、ダウンロードし直す必要はありません。

制作の際は、まず静的HTMLでサイトを作成し、作成したサンプルページを元にCMSの設定ができます。この手順はこちらのページをご覧下さい。

※この時点で、インストールするサーバを変更してもOKです。

6. ライセンス購入

制作が進み、公開や納品が近づいたらライセンスをご購入下さい。

7. 公開(納品)

購入時に発行されたライセンスキーを登録すれば完了です。
ページを公開、(Web制作業者の方であれば納品)して下さい。