小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

Perl モジュールのインストール方法

最終更新日: 2005-08-07
このページのコードの記載は以下の通りです。
青字: システムが返すメッセージ等 太字: 入力注意部分または、文字列を置き換える部分 赤字: コメント カッコ: 入力内容等の指示 % : UNIXのプロンプト(一般ユーザ) # : UNIXのプロンプト(root) *> : Windowsのプロンプト

UNIX系プラットフォームの場合

モジュールがインストールされているかを調べる

サーバに既にモジュールがインストールされているかを調べるには、プロンプトから以下のコードを実行して下さい。

% perl -e 'use Jcode;' <--モジュール名は、チェックしたいモジュール名に変更

エラーメッセージが何も表示されない場合、モジュールはシステムに既にインストールされています。

以下のようなエラーメッセージが出る場合は、モジュールはインストールされていないので、インストールを行って下さい。

Can't locate Jcode.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/lib/perl5/5.6.0/i386-freebsd /usr/local/lib/perl5/5.6.0 ***途中省略*** .) at -e line 1. BEGIN failed--compilation aborted at -e line 1.

インストール方法

インストールの基本的な手順は以下の通りです。インストールの過程で、他に、依存する perl モジュールが必要になることがあるかも知れません。
その場合は、インストールの過程で警告が出るのでそれに従ってインストールを行って下さい。

1.アーカイブを検索

CPAN のモージュール配布サイト http://search.cpan.org/ にアクセスして下さい。
CPAN のサイトのトップページには、検索ダイアログが表示されています。
(1)モジュール名を入力、
(2)プルダウンメニューから検索対象(「Modules」)を選択して、
(3)「CPAN Search」ボタンを押して下さい。

検索結果が表示されます。「Jcode-0.83」など、バージョン番号の付いた配布アーカイブ案内ページへのリンクを選択して下さい。

(「Jcode」など、太字で表示されているリンクは、(配布アーカイブに含まれる)個々のモジュールの説明ページへリンクしています。)


2.ダウンロード

表示されるページの [Download] のリンクを選択すると、配布アーカイブがダウンロードできます。

モジュールをインストールするサーバ内の任意の場所に保存して下さい。

3.展開

アーカイブを保存したディレクトリに移動し、アーカイブを展開して下さい。

% cd /path/to/downloaded/archive % tar -zxvf Jcode-0.83.tar.gz <-- ファイル名は、ダウンロードしたファイル名に応じて変更

4.コンパイルとインストール

アーカイブを展開すると、展開したファイルを格納したディレクトリが作成されるので、そのディレクトリに移動して下さい。

% cd Jcode-0.83 <-- ディレクトリ名は、作成されたディレクトリに応じて変更

README ファイルや、インストール方法を指示する INSTALL ファイル等があれば、それを参照して下さい。

それらのファイルが無い場合、一般的なインストール手順は以下の通りです。

% perl Makefile.PL % gmake % su Password: (パスワードの入力) # gmake install

モジュールを、perlの標準の場所にインストールする場合は、上記のとおり su して root になる必要があります。

補足:root になれない場合

root になれない場合は、インストールパスを変更し、作業アカウントで書き込める場所にインストールする必要があります。その場合は、以下のようにして下さい。

% perl Makefile.PL PREFIX=(書き込み可能なパス) % gmake % gmake install

この場合、以下の点に留意して下さい。

  • 指定したパス以下に、lib という名前のディレクトリが作成され、ここに perl が色々インストールしています。このディレクトリは削除しないで下さい。
  • PREFIXを指定してインストールしたモジュールを使用する場合は、CGIファイル(admin.cgi など)に、以下のプラグマを追加して下さい。
    use lib ('PREFIX/lib/site_perl'); #PREFIX はインストール時に指定したパス

Windows(ActivePerl)の場合

モジュールのインストールやチェックは、AcitvePerl に付属のコマンド ppm を利用して行います。

モジュールがインストールされているかを調べる

ppm でモジュールがインストールされているかのチェックを行う一般的な手順は以下の通りです。
(コマンドプロンプトから作業して下さい。)

C:\>ppm <--ppmを起動 PPM interactive shell (2.2.0) - type 'help' for available commands. <--ppmの出力 PPM> verify Jcode <--「Jcode」の部分を、チェックしたいモジュール名に変更

モジュールがインストールされていれば以下のように表示されます。

Package 'Jcode' is up to date.

モジュールがインストールされていない場合以下のように表示されます。

While verifying package 'Jcode': Package 'Jcode' has not been installed by PPM

インストール方法

モジュールをインストールする一般的な手順は、以下の通りです。

PPM> install Jcode <--「Jcode」の部分を、インストールしたいモジュール名に変更 Install package 'Jcode'? (y/N): y <--「y」を入力 Installing package 'Jcode'... Downloading http://ppm.ActiveState.com/PPMPackages/5.6plus/MSWin32-x86-multi-thr ead/Jcode.tar.gz ... (ppm のメッセージが表示される場合があります。省略。) PPM> <--インストールが終了するとプロンプトに戻ります PPM> quit <--ppm を終了 C:\>

さらに詳しく