小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

ブログと「すぐ使えるCGI」の比較

最終更新日: 2013-12-02

ブログと「すぐ使えるCGI」の比較

「ブログ」とは?

「ブログ」はホームページ上に「日記」など時系列で記事を書くためのツールの事です。また、このツールで作った日記形式のWebサイト(ホームページ)の事も同じ「ブログ」という名前で呼びます。ブログツールには「WordPress(ワードプレス)」や「Movable Type(ムーバブルタイプ)」のように自分のホームページにインストールできるものと、「Ameba(アメーバ)ブログ」や「はてなダイアリー」などオンラインサービスで提供されているものがあります。

「すぐ使えるCGI」でもブログ(日記形式のホームページ。例えば「お知らせ」「活動報告」等)が更新できますが、他のツールと比較した場合の違いをご案内します。

ブログツールをCMSとして利用する場合の比較

「WordPress」や「Movable Type」などのブログツールをCMS(Contents Management System)として使い、日記形式ではない企業のホームページを管理する方法があります。これは「ビジネスブログ」と呼ばれる場合もあります。

ブログツールをCMSとして使う場合の違いについて詳しくは『CMS と「すぐ使えるCGI」の比較』をご覧下さい。

このページでご案内する比較の内容

以下では、日記形式のホームページ更新ツールとして「すぐ使えるCGI」や「WordPress」(ワードプレス、WP)「Movable Type」(MT)などのブログツール、Ameba(アメーバ)などの外部ブログを使った場合の比較をご説明します。

ブログと「すぐ使えるCGI」の比較表

「すぐ使えるCGI」とブログツールでは、手軽にウェブサイト(ホームページ)の情報を更新して情報発信が可能という点では同じです。典型的な目的や導入のしやすさ、掲載情報を会社の財産(資産)と考えるかどうかといった点が異なり、それが機能にも反映されています。

企業のホームページ運用でブログを利用する場合は、赤字の部分に注目して方法をお選びいただくのがお勧めです。

比較ポイント すぐ使えるCGI ブログツール
(WP、MTなど)
外部ブログ
(Amebaなど)
構成 URL ホームページと同じサーバ内 ホームページと同じサーバ内 別のURL
典型的な使い方 Webサイトの中の1コーナーを更新

例)
「社長室便り」「お知らせ」
Webサイトの中の1コーナーを更新
独立したコーナー

例)
「社長室便り」「社長○○のブログ」
独立したサイト

例)「○○社長のブログ」
適した目的 企業(Webサイトから)のメッセージ・お知らせを伝える -
- 書き手の人柄をアピールして企業(Webサイト・商品)のイメージアップを図る
- - 自社Webサイト、商品などの宣伝・集客
更新頻度の目安 1-2回/月 (目的により、1-4回/月 以上) 1回以上/週
広告 広告表示なし 広告表示なし 広告表示あり
運用 仕組み上の集客力 低-中
操作のしやすさ 簡単 少し慣れが必要 簡単
(機能が限定されている場合あり)
内容の自由度
バックアップ 簡単
(ファイルダウンロード)
難しい(データベース) 運営者にお任せ(保証なし)
導入 インストール・設定 簡単 難しい
(技術的知識要)
簡単
サーバ環境 Perl のみでOK データベース必要 サーバの準備不要
カスタマイズ 簡単 難しい 自由なカスタマイズはできない
権利 コンテンツの価値・再利用 自社の資産として残る 自社の資産として残る コンテンツの利用権を
サービス運営者側が
保持する場合が多い

ブログ運用に適した「すぐ使えるCGI」の製品

ブログツール サンプル

さらに詳しく