小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

移転をしたら「試用期間が過ぎています」と表示されるようになりました

最終更新日: 2014-05-18

移転時に「試用期間が過ぎています」と表示される問題

ライセンスキーを登録して使用していた「すぐ使えるCGI」を別の場所に移転(移設、引越、移動)した時に、ライセンスが有効にも関わらず管理画面に「試用期間が過ぎています」という表示が出る事があります。

エラーメッセージの例

試用期間が過ぎています。使用を継続するには、ライセンスを購入し、ライセンスキーの登録を行って下さい。 


この問題に該当しない場合

移転前の場所でライセンスキーを登録していなかった場合は、このページの問題には該当しません。使用を継続するにはライセンスキーの登録を行って下さい。

ライセンスのご購入とライセンスキー登録の方法

考えられる原因と対応

考えられる原因は2つありますので、該当する方法でご対応お願いします。

考えられる原因と対応 その1: ライセンスキーを登録していない

新規設置時にテストサーバから移転したような場合、新しいサーバでライセンスキーを登録するまでは、この表示が出ます。

管理画面の「ライセンス情報」画面からライセンスキーを登録して下さい。

考えられる原因と対応 その2: 追加ライセンスだった場合

「追加ライセンス」でご購入いただいた場所を移設した時に、移設前後のサーバのタイプが異なるとこの問題が起きることがあります。国内のレンタルサーバでは、移動前後のサーバのどちらかが CPI または カゴヤである場合が確認されていますが、これに限りません。

対応方法

もしお手元に、以下の2つの情報がそろっていれば、次のように作業して下さい。

  1. 追加ライセンスを購入した時の親元(先に利用していた場所)の data/license.dat
  2. 追加ライセンス購入時に発行されたライセンスキー
追加ライセンスの親元のダウンロードID(=上記1のダウンロードID)は、追加ライセンス購入時にライセンスキー(=上記2)をご連絡したメールに記載されています。

両方がお手元にある場合、以下の2つの作業をして下さい。(ない場合はこちら。)

I. data/license.dat の上書き

親元の場所の data/license.dat を、移転先のサーバに上書きアップロードして下さい。

II. ライセンスキーの再登録

追加ライセンスご購入時に発行されたライセンスキーを、移転先の「ライセンス情報」画面から登録して下さい。

情報が残っていない場合

もしどちらかまたは両方がお手元にない場合は、以下の4つの情報を併せてお問合せ下さい。

  1. エラーの起きている場所のダウンロードID
  2. エラーの起きている場所の確認キー
  3. 追加ライセンスご購入時の名義人名またはメールアドレス
  4. 移転前に利用していた場所のURL

関連リンク

さらに詳しく