小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

「ファイルの保存に失敗しました」「Permission denied」というエラーが出ます

最終更新日: 2014-02-27

現象

「すぐ使えるCGI」で編集操作時に、「ファイルの保存に失敗しました」「Permission denied」というエラーが出る。

類似の現象

以下の場合はそれぞれ別のページをご覧下さい。

原因

tempfiles/ ディレクトリに書込みや削除ができない場合にこのエラーが出ます。

対応方法

環境によって、それぞれ以下の通りサーバの設定を変更して下さい。変更後に、管理画面の一覧に戻ってから編集操作をもう一度お試し下さい。

Windows サーバの場合

Windows サーバの場合は、お使いのサーバに管理ツールがあれば、管理ツールから tempfiles/ に「書き込み権限」を設定して下さい。権限の名前は「書き出し」「変更」など、別の名前の可能性がありますが、同様の意味のものがあればそれを設定して下さい。

管理ツールなどは無くサーバにログオンして管理されている場合は、CGIの実行ユーザでの「書き込み」と「サブフォルダーとファイルの削除」の権限(または同様の名前の権限)を付けて下さい。

上記の設定ではうまくいかない場合、「フルコントロール」や「ネットワークユーザによるファイルの変更を許可する」等の設定を試して下さい。(サーバで推奨設定がある場合や過去に書き込みと削除がうまく行ったことのある設定があれば、そちらにして下さい。)

UNIX 系サーバの場合

tempfiles/ ディレクトリのパーミッションを下記の通り変更して下さい。
(サーバで推奨設定がある場合、そちらにして下さい。)

CGI( admin/admin.cgi )のパーミッション tempfiles/ ディレクトリのパーミッション
700 の場合 755 rwxr-xr-x
755 / 705 / 701 の場合 757 rwxr-xrwx
750 / 710 および 755 で上記ではうまくいかない場合 775 rwxrwxr-x

関連リンク

さらに詳しく