小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

php や WordPress サイトに新着情報パーツを表示する方法

最終更新日: 2014-03-28

php や WordPress と「すぐ使えるCGI」の組み合わせ

phpサイトやWordPressサイトに新着情報を表示

php を使って運用しているホームページや WordPress(ワードプレス)サイトに「すぐ使えるCGI」で更新した新着情報(短い一覧)を 表示する方法を紹介します。

ちょっとした機能のものを php で開発せずに「すぐ使えるCGI」で更新することにした場合、追加でこれを組み込んで表示する方法のご紹介です。新着情報以外にも、不定期更新のお知らせやスライドショー、広告バナーパーツなども同じ方法で表示できます。

WordPressやphpページに新着情報を表示する方法

WordPressやphpページに新着情報を表示するには、表示したいphpファイル(WordPressの場合はテーマファイル)の希望の位置に、以下のphpコマンドを追加して下さい。

WordPressのテーマ編集の場合は通常、index.php がトップページのテンプレートに該当します。

新着情報表示用phpコマンド

<?php
readfile("sugu/webdir/index_short.html");
?>


「sugu/webdir/index_short.html」の部分は「すぐ使えるCGI」の短い一覧までのパスを指定して下さい。このときパスの起点は、phpファイルの場合はファイルからの相対パス、WordPressの場合はWordPressのトップディレクトリからの相対パスで指定して下さい。

アップロード

phpファイルをローカルパソコンで編集した場合は、編集したファイルをサーバに上書きアップロードして下さい。WordPressのテーマを管理画面から編集した場合はアップロードは不要です。

これでひとまず新着情報が表示されます。

新着情報が表示されない場合

何も表示されない場合

ファイルの編集後も新着情報が表示されない場合は、以下の点を確認して下さい。

  • 表示させたい記事が管理画面から登録してあるか
  • 「短い一覧」に管理画面の確認用のリンクからアクセスできるか
  • 「短い一覧」のURLと、phpコマンドに指定したパスが同じファイルを指しているか

「すぐ使えるCGI」側の調整

phpやWordPressのページに、「短い一覧」ファイルの内容が表示されたら、引き続き以下のように「すぐ使えるCGI」の設定を編集して下さい。

1. templates/article/short_list.html の編集

templates/article/short_list.html を開き、<body> や <html> タグを削除してテンプレート変数「%_article_list_%」のみ残して上書き保存して下さい。これは、phpページに組み込むのであれば不要になるHTMLタグを削除する作業です。

templates/article/short_list.html 編集例(全体、編集後)

<!-- article list : generate from short_list.txt -->
%_article_list_%


2. templates/article/short_list.txt の編集

次に、templates/article/short_list.txt を開いて編集して下さい。

初期設定で記載されている href 属性に、「すぐ使えるCGI」の書き出しディレクトリまでのパスを追加して下さい。下記の例だと「sugu/webdir/」を追加しています(赤字部分)。この時、Webサイトのデザインに合わせるためにHTMLタグ編集が必要であれば自由に行って下さい。

【注意点】元からファイルに含まれる href 属性の設定は、製品によって異なりますので、赤字の部分のみ追加して下さい。

templates/article/short_list.txt 編集例1(部分)

製品名が「...ウェブページ更新ツール」という製品であれば、おおむね以下のようになります。

<a href="sugu/webdir/%_d_%.html">

templates/article/short_list.txt 編集例2(部分)

製品名が「...ニュースページ更新ツール」という製品であれば、おおむね以下のようになります。

<a href="sugu/webdir/index.html#%_d_%">

3. 件数の調整(3件以外に設定する場合)

ホームページに表示する新着情報の件数は、初期設定では3件になっています。これを変更するには、admin/admi.cgi の環境変数を変更して下さい。
200行目付近に設定場所があります。

admin/admin.cgi の編集箇所

#--------------------------------------------------------[line 200]--
# 短い一覧に表示する件数
#--------------------------------------------------------------------
# 短い一覧に書き出す記事件数を設定して下さい。
# 0 にすると全件を書き出します。

$conf{short_list_no} = 3;


5件表示したい場合は以下のように変更して下さい。

$conf{short_list_no} = 5;


4. アップロード

変更したファイルをサーバの同じ位置に上書きアップロードして下さい。

templates/article/short_list.txt
templates/article/short_list.html
admin/admin.cgi (編集した場合)

5. 再構築

管理画面の一覧の下にある「再構築(テンプレート変更反映)」ボタンを押して下さい。最新のテンプレートを反映したファイルが書き出されます。

6. 確認

ブラウザのキャッシュをクリアしてから再読み込みし、表示が変わったことを確認して下さい。

関連リンク

さらに詳しく