カスタマイズが簡単な小規模サイト向けCMS - ホームページ自動更新 CGI「すぐ使えるCGI」のデザインカスタマイズのマニュアル

 

操作マニュアル


一覧

設置されたCGIにブラウザからアクセスすると、管理画面に現在登録されている内容が一覧表示されます。

最初にアクセスした時は空の一覧です。


新規登録

記事を新規登録するには、一覧画面に表示されている [Create New Article] ボタンを押して下さい。


新規登録入力用画面が表示されます。
日付( [Date] 欄)は作業日現在の日付が自動入力されますが、過去・未来のいずれの日付にも変更できます。

《参考》
記事は、日付にかかわらず後に登録されたものが上に追加されます。


[Title]欄と[Contents]欄に、内容を入力して下さい。

画像やファイルを添付しない場合は、ここで [Preview] ボタンを押して下さい。


画像を添付する場合は、[Image]欄の「参照」ボタンを押して下さい。(ご使用の環境によっては、他のボタン名の場合もあります。)

ファイル選択用の小ウィンドウが表示されます。
添付するファイルを選択して、「開く」ボタンを押して下さい。(ご使用の環境によっては、他のボタン名の場合もあります。)


ブラウザの画面に戻ると、今選択したファイルの場所がテキストボックス内に表示されます。

[Alt text]欄に画像の説明を入力して下さい(未入力可)。

[Upload and continue]ボタンを押すと画像がアップロードされ、編集中に表示を確認できます。
大きな画像の自動リサイズをする場合は1点ずつ[Upload and continue]をして下さい。

ファイルも同様の手順でアップロードできます。

ファイルの選択が終わったら [Preview] ボタンを押して下さい。

入力した内容の確認画面が表示されます。修正したい場合は、 [Modify] ボタンを押すと入力画面に戻ります。


[Modify] ボタンで入力画面に戻ると、最初に入力した内容が表示されます。全ての項目が変更可能です。

画像やファイルの添付をとりやめたい場合、 [Delete] のラジオボタンをチェックして下さい。

「参照」ボタンからファイルを再度選択すると、ファイルを取り替えることができます。(元の画像やファイルは削除されます。)


内容を変更したら [Preview] ボタンを押して下さい。


変更した内容の確認画面が表示されます。

[Save] ボタンで保存されます。


登録が完了すると一覧画面に戻ります。今行なった登録がリストに追加されています。

該当記事の「View」のリンクからWebサイト内にも記事が書き出されているのを確認して下さい。

[List] と [Short List] 、[Latest]のリンクからそれぞれWebサイトのページが更新されているのを確認して下さい。

変更

移動リンクを使って変更したい記事を一覧に表示させて下さい。


変更したい記事の [Change] ボタンを押して下さい。


編集用の入力画面が表示されます。入力フィールドには現在の登録内容が表示されます。


内容を変更して下さい。全ての項目が変更できます。

画像やファイルを削除する場合は、 [Delete] のラジオボタンを選択して下さい。

ファイルの変更も可能です。別のファイルを選択した場合、元のファイルは削除されます。

これまでと同じ名前の画像/ファイルはアップロードできません。画像の位置を変更したい場合([Image1]から[Image2]に変更するなど)は一旦画像を削除した状態で保存してから再度編集して下さい。

変更が終わったら、 [Preview] ボタンを押して下さい。


確認画面に入力した内容が表示されます。修正したい場合は、 [Modify] ボタンを押すと入力画面に戻ります。

確定する場合 [Save] ボタンを押して下さい。


変更が完了すると一覧画面に戻ります。

該当記事の「View」のリンクから、Web サイトのページも更新されているのを確認して下さい。

[List] と [Short List] 、[Latest]のリンクからそれぞれWebサイトのページが更新されているのを確認して下さい。

削除

間違いの登録や表示が不要となった記事は削除できます。

移動リンクを使って削除したい記事を一覧に表示させて下さい。


削除したい記事の [Delete] ボタンを押して下さい。


確認の画面が表示されます。

削除を取りやめたい時は [Cancel (Return to the list)] ボタンを押して下さい。 [Save] ボタンを押すと記事が削除されます。


削除が完了すると一覧画面に戻ります。

一覧から削除した記事の表示が無くなっていることを確認して下さい。

[List] と [Short List] 、[Latest]のリンクから、Web サイトのページが更新されているのを確認して下さい。

順番の変更

登録後の記事は順番の入れ替えが可能です。

[Up] ボタンを押すと記事の順番が一つ上のものと入れ替わります。

[Down] ボタンを押すと記事の順番が一つ下のものと入れ替わります。

一番上の記事の [Up] ボタンと一番下の記事の [Down] ボタンは、押しても順番変更はされません。


HTMLタグ入力の方法

通常はHTMLタグ入力は無効で、入力したHTMLタグがそのまま表示されます。

文中にリンクを挿入したり書式設定を行うためのHTMLタグは、右クリックメニュー(コンテクストメニュー)から入力する事ができます。 入力フィールドでタグ付けしたいテキストを選択して、右クリックメニューを開いて下さい。


一覧からタグを選ぶと指定したタグが入力されます。


右クリックメニューが使えない場合は、 [Code snippets] のリンクをクリックすると同じ内容が表示されますので、入力欄にコピー&ペーストして編集して下さい。


文章中への画像やファイルの挿入

※このセクションは、画像を文章中に挿入するようにデザインテンプレートを設定してある場合のご説明です。

画像を本文内に配置したりファイルのリンクを文章中に含めたい場合は、入力画面でファイルを選択したら[Upload and continue]ボタンを押して下さい。


アップロード済みの画像やファイルがある場合は、入力欄で右クリックすると、右クリックメニューに[Images and files]という追加の選択肢が表示されます。


[Images and files]を選択すると、メニューがさらに開かれ、アップロードした画像(またはファイル)の一覧が表示されますので、そこから表示対象を選んで下さい。


[Preview] ボタンを押すと確認画面に進みますが、この時、同じ画像またはファイルのリンクが2箇所に表示されていることを確認して下さい。一つは文章中の指定した位置に、もう1か所はそれぞれ該当する画像/ファイル欄に表示されます。

【重要】
画像/ファイル欄に表示されていない画像やファイルは、保存確定時に削除されて表示ができなくなります。文章中に表示するファイルも、画像/ファイル欄から削除しないで下さい。


手動でのHTMLタグの入力

右クリックメニューで用意された形式以外にも、自由にHTMLタグを入力する事ができます。
{{{ と }}}(中カッコ3つずつ)で囲うとその間はHTMLタグが有効になりますので、この間にタグを打ち込んで下さい。

手動でHTMLタグ入力をする場合は、1組の {{{ と }}} の内部でHTMLタグが完結する(=開始タグと終了タグが両方ある)ように入力して下さい。画像など終了タグの無いHTMLタグは単独で構いません。

○よい例 ×悪い例

改行の扱い

改行は入力した通りに表示されます。ウィンドウの幅で折り返せばよい場合は、改行を入力しないで下さい。
文章を空行で区切ると、区切られたブロックはパラグラフとして<p>タグで囲まれます。

ヘッダ変換

記事内容([Contents])は簡単な入力規則でセクションタイトルなどのためのヘッダタグ(<h2>、<h3>、<h4>)を指定できるようになっています。
変換規則は以下の通りです。

規則
(以下のカッコで囲う)
(いずれも半角)
変換先
タグ
{ } (中カッコ, curly bracket, brace) h2
[ ] (角カッコ, bracket) h3
( ) (丸カッコ, parenthesis) h4

入力例 ページでの表示

Curly brackets are replaced by h2 tag

Bla Bla, this is a paragraph.

Brackets are replaced by h3 tag

Bla Bla, this is a paragraph.

Parenthesis are replaced by h4

Bla Bla, this is a paragraph.

サポート情報検索