「すぐ使えるCGI」ならWeb更新ツールの導入やデザインカスタマイズに専門知識は不要。Webデザイナの方にも簡単に導入いただけます。

 

CMS「すぐ使えるCGI」とは?

Webサイトの一部分更新用CMS「すぐ使えるCGI」

ホームページの一部の更新が可能なCMS「すぐ使えるCGI」

「すぐ使えるCGI」は、Webサイト(ホームページ、HP)の一部をWebから更新できるシステム(CMS、Webアプリ)です。

「お知らせのみ更新したい」「商品ページのみ更新したい」などの場合にそのページに導入いただくのが典型的なご利用シーンです。

CMSでのホームページ更新とは?

Webデザイナ向け

自由なデザインのCMS「すぐ使えるCGI」
「すぐ使えるCGI」はWebデザイナ様の希望を反映して生まれたツールで、導入・デザイン変更が簡単な他、運用やバックアップも簡単です。

「すぐ使えるCGI」の使い方

「すぐ使えるCGI」にはページ構成などにより3種類のベース製品がありますので、(1)希望のベース製品をダウンロードし、(2)デザインを着せ替えて設置、(3)書き出したページにWebサイト内の他のページからリンクして下さい。

着せ替え済みのデモ製品もダウンロードできます。

CMS「すぐ使えるCGI」に似ているものと、それとの違い

ホームページ更新のために使える他のツール(Webアプリ)と、「すぐ使えるCGI」の違いをご案内します。

WordPress(ワードプレス)との比較

WordPress(ワードプレス)も、Webサイト(ホームページ)を更新するためのツールですが、「すぐ使えるCGI」との違いは以下のような点です。

WordPress すぐ使えるCGI
導入か所 Webサイト全体 Webサイトの一部分
データベース 必要 不要
書き出し 動的 静的

WordPress は基本的にサイト全体に導入しますが、「すぐ使えるCGI」は特定のページの更新のために使います。ホームページ内で頻繁に更新したいのはそのページだけだという場合が「すぐ使えるCGI」の典型的な利用シーンです。例えば、「お知らせ」だけを更新したい、「製品情報」だけを更新したい、というケースです。

また、WordPress サイトにちょっとしたパーツ(広告バナーパーツなど)を組み込みたいという場合も「すぐ使えるCGI」が効果的に使えるケースです。面倒なカスタマイズやDB設定などは不要ですので、すぐに更新ツールの設定ができます。

※WordPress との詳しい比較は下記ページをご参照下さい。
WordPressカスタマイズと「すぐ使えるCGI」利用の比較

レンタル掲示板、レンタルシステムとの比較

ホームページの一部だけ、例えば「お知らせ」だけ更新する方法としては、レンタル掲示板や、お知らせだけが更新できるレンタルサービス(ASP、クラウドサービス)やレンタルブログを使う方法もあります。

これらのツールとの違いは以下のような点です。

レンタルシステム すぐ使えるCGI
設定作業 通常Webから行える 設定にはFTPが必要
URL 他社 自サイト
デザインの自由度 低い 高い
料金 月額 月額/買切り

まず設定作業の手軽さでは、これらのサービスの方が勝ります。これらのサービスが通常、オンラインで全ての契約や更新作業が行えるのに比べて、「すぐ使えるCGI」の場合は、最初の1回はファイルを「アップロード」するなどの設定作業が必要になります。

一方、「すぐ使えるCGI」の良い点は自社ホームページ(自社のURL)の中に更新したページを置いておける点です。レンタルシステムを利用している場合は、お知らせの部分をよく見ると URLが他社(レンタル業者)のものになっています。他社のURLが悪いというものではありませんが、自社のURLにあった方が情報の信頼性としては高く、また、SEO対策としては、せっかくの更新頻度が自社のホームページのURLに関連付けられている方が、比較すれば有利です。

また、これらのサービスでは、デザインをあまり細かく指定できない事が多いですが、「すぐ使えるCGI」であれば、自由にデザインを調整できます。

サービス料金が無料のものもありますが、通常は継続的な月額料金が発生します。「すぐ使えるCGI」は、月額か買切りかを選択できます。


「すぐ使えるCGI」が向くケースと向かないケース

規模や予算感、状況により、「すぐ使えるCGI」の利用に向くケースと向かないケースがあります。大まかな方針としては以下のような点が検討の判断ポイントとなります。

  「すぐ使えるCGI」向き 他のツールも可能性大 理由
サイト規模 小規模サイト 大規模サイト × データベースを使わないため、大量のページは保存できません。保存件数について
予算 予算も重視 費用を掛けても高機能なものを希望 すでにパッケージになっていますので、あまり複雑な機能追加はできません。カスタマイズのご案内
更新担当者 更新担当者がITに不慣れ 更新担当者が割合と凝り性   機能を絞ってシンプルな管理画面にしてあります。
運用担当者 運用時に技術者がいない セキュリティ対応はばっちりだ   静的ページのみを公開するために、運用開始後に日々のセキュリティチェックが不要です。
制作担当者 私はWebデザイナだ 自分(自社)でシステム開発ができる   Webデザイナの方が通常使う技術(HTML編集とFTP)で設定やメンテナンスまでできるようになっています。

※従来の「CMS」とWebサイトの規模に関する比較表は、下記ページをご参照下さい。
「すぐ使えるCGI」、ブログツールと従来CMSの比較

Web制作業者さまが「すぐ使えるCGI」を使うメリット

Web制作業者さまが「すぐ使えるCGI」をお使いになる場合は、特に下記のようなメリットがあります。

管理画面もデザイン変更

管理画面のデザインもテンプレート方式で変更できます。お客様サイトのロゴを付けたり色をコーポレートカラーに合わせるなどの変更が可能です。

さまざまなHTMLコーディングに対応

テンプレートのコーディングは HTML4 から XHTML、HTML5+CSS3 のレスポンシブWebデザインにまで変更可能です。このため、古いWebサイトのコーディングに合わせてCMSを導入しなければならないような場合でも対応可能です。

また、管理画面はスマホ対応のレスポンシブWebデザインで公開ページはHTML4にする、またその逆なども、自由に調整が可能です。

Unix、Windows、Mac OS でも稼働

Unix系(Linux、Amazon EC2、Cent OSなど)のレンタルサーバの他、WindowsサーバのIIS(Internet Information Server)でも稼働します。アクセス制限されたイントラネット内などでも、ファイルを持ち込めれば稼働が可能です。このため、一つの案件で利用したノウハウを簡単に別の案件に応用できます。

管理画面がシンプルでトレーニング不要

簡単な「すぐ使えるCGI」の管理画面
WordPress など、オープンソースで開発されているCMSや顧客の多いメジャーなCMSは機能がてんこ盛りになっていく傾向があり、この場合、IT専門家でない更新担当者さまには難しすぎて使っていただけない事があります。「すぐ使えるCGI」は簡単にお使いいただく事を開発の基本方針としており、管理画面はシンプルでどなたでも迷うことなくお使いになれます。