小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

タイトル欄にHTMLタグを入力する方法/入力を禁止(制限)する方法

最終更新日: 2016-12-06

Ver. 4.4 以上の「すぐ使えるCGI」では、タイトル欄へのHTMLタグや改行の入力が可能になりました。

HTMLタグと改行の入力により解決できる問題

これにより、以下のような入力に対応できます。

  • 「タイトル」欄ではHTMLエンティティ(文字実体参照、数値文字参照、© など)を入力する
  • 「タイトル」欄に改行を入力
  • 「タイトル」にリンク(<a>タグ)を指定
HTMLタグ入力の方法は「記事内容」欄と同じです。詳しくは下記ページをご覧下さい。

HTML タグの入力方法

タイトル欄にHTMLタグや改行を入力する場合の注意点

初期設定では、タイトル欄の入力はページの <title> に指定されていたり、記事へのリンクが設定されている場合があります。改行やHTMLタグを入力すると文法エラーが起きたり、意図しない表示になる場合がありますので注意して下さい。

HTMLタグ・改行の入力許可と禁止(制限)の設定方法

環境変数(オプション設定)の変更

バージョンによって、初期設定でHTMLタグや改行の入力が可能な場合と、禁止されている場合があります。設定を確認し、変更するには、admin/admin.cgi を開いて下さい。425行目付近に下記の設定があります。入力を許可する場合は「1」、禁止(制限)する場合は「0」に設定して下さい。

#--------------------------------------------------------[line 425]--
# タイトルの改行とタグ入力
#--------------------------------------------------------------------
# タイトル欄の改行とタグ入力を許可する場合に「1」に設定して下さい。
# 「記事内容」欄と同じタグ入力規則でHTMLタグの入力が可能になります。
# 特殊文字のエンティティ入力もできるようになります。
# 
# 管理画面からの改行の入力ができるようにするには、入力画面用の
# テンプレートも編集して下さい。

$conf{htmltag4subject} = 0;


タイトル欄に改行を入力する設定

初期設定の管理画面では、タイトル欄の入力は1行テキスト形式(<input type="text">)になっています。改行を入力するには、templates/admin/2.html を編集して形式を複数行テキスト(<textarea>)に変更して下さい。

なお、製品によって初期設定のコードが違います。下記は参考にとどめて、同じファイル内にある「記事内容」欄のコード等をコピーして設定して下さい。

変更前タイトル欄の例(1行テキスト形式)

<input type="text" name="subject" id="subject" value="%_subject_%" maxlength="100">

変更後タイトル欄の例(複数行テキスト形式)

<textarea name="subject" id="subject" rows="3">%_subject_%</textarea>

さらに詳しく