小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

F5 や Ctrl+R、Command+R による再読み込みを抑える方法

最終更新日: 2013-02-13

概要

F5 や Ctrl+R、Command+R などのキーボード操作によるページの再読み込み(リロード)を停止する方法をご説明します。

「すぐ使えるCGI」での問題と対応できる範囲

「すぐ使えるCGI」での編集操作後一覧に戻った時に、ページを再読み込みするとエラーになったり登録が重複したりする事があります。また、Ver. 4.4 と 4.5 では直前に編集した記事が消えてしまう事があります(2013年2月現在未対応の不具合)。

「一覧を最新に更新」ボタンでページを再読み込みして頂ければこの問題は回避できますが、キー入力でページを再読み込みしてしまうと問題が発生します。

このページでご紹介する方法で、キー操作(※)によるページの再読み込みが行われないようにする事ができます。
ブラウザの「リロード」ボタンなどを押して再読み込みした場合は問題を回避できません。

※制限対象とするキー操作

  • F5(Windows)
  • コントロールキー(Ctrl)+R(Windows)
  • コマンドキー(Command)+R(Macintosh)

設定方法

templates/admin/1.html の編集

templates/admin/1.html を編集して、ファイル末尾の </body> タグの直前に以下のコードを追加して下さい。

<!-- ここから追加: F5 と Ctrl+R、Command+R によるリロードを抑える -->
<!-- Windows Safari の F5 の場合は問題の出ない再読み込みを行う -->
<script type="text/javascript">
var if_ctrl = 0;
var if_r = 0;
function is_ctrl(pressKey){
        if(pressKey==17){ //ctrl
                return 1;
        } else if (navigator.userAgent.match(/macintosh/i)){
                if (pressKey == 224 && navigator.userAgent.match(/firefox/i)){
                        return 1;
                } else if (pressKey == 91 || pressKey == 93){
                        return 1;
                }
        }
        return 0;
}
function disable_reload(e){
        if(navigator.userAgent.match(/msie/i) && window.event){
                window.event.returnValue=false;
                window.event.keyCode=0
        } else
        if (navigator.userAgent.match(/macintosh/i) || e.preventDefault){
                e.preventDefault();
                e.stopPropagation();
        }
        return false;
}
function catchkeydown(e){
        var pressKey;
        if (eval(e)){
                pressKey=e.keyCode;
        } else {
                pressKey=event.keyCode;
        }
        if(is_ctrl(pressKey)==1){ //ctrl
                if_ctrl=1;
                if(if_r==1){return disable_reload(e);}
        }
        if(pressKey==82){ //r
                if_r=1;
                if(if_ctrl==1){return disable_reload(e);}
        }
        if(pressKey==116){ //f5
                if (navigator.userAgent.match(/safari/i) 
                        && !navigator.userAgent.match(/chrome/i)){
                        window.location="%_myname_%?n=%_n_%&i=%_i_%";
                        return true;
                } else {
                        return disable_reload(e);
                }
        }
}
function catchkeyup(e){
        var pressKey;
        if (eval(e)){
                pressKey=e.keyCode;
        } else {
                pressKey=event.keyCode;
        }
        if(is_ctrl(pressKey)==1){ //ctrl
                if_ctrl=0;
                if(if_r==1){return disable_reload(e);}
        }
        if(pressKey==82){ //r
                if_r=0;
                if(if_ctrl==1){return disable_reload(e);}
        }
        if(pressKey==116){ //f5
                if (navigator.userAgent.match(/safari/i) 
                        && !navigator.userAgent.match(/chrome/i)){
                        window.location="%_myname_%?n=%_n_%&i=%_i_%";
                } else {
                        return disable_reload(e);
                }
        }
}
document.onkeydown = catchkeydown;
document.onkeyup = catchkeyup;
</script>
<!-- ここまで追加: F5 と Ctrl+R、Command+R によるリロードを抑える -->


アップロードと確認

編集したファイルをサーバに上書きアップロードして下さい。
アップロード後、管理画面を表示し、キーボードからの入力ではページが再読み込みされない事を確認して下さい。

ブラウザによっては期待通り動作しない可能性がありますので、運用時は期待通り動作するブラウザを推奨ブラウザとして下さい。

※ Windows の Safari で F5 による再読み込みを行った時は、安全な方法(「一覧を最新に更新」ボタン押下と同じ操作)で再読み込みされます。

さらに詳しく