小規模Webサイト向け CMS 「すぐ使えるCGI」のサポート情報

変更できるファイル名とディレクトリ名

最終更新日: 2016-08-29

「すぐ使えるCGI」のディレクトリ(フォルダ)の位置や管理画面の URL、書き出しページの URL は変更できます。変更方法をご案内します。

このページの目次

書き出しファイルの URL の変更

以下の書き出しファイルの URL の変更が可能です。

対象ファイル

ページ初期設定ファイル名備考
全一覧(目次)webdir/index.html
短い一覧(新着情報)webdir/index_short.html
詳細ページwebdir/1.html、2.html、...※1 ※2
最新ページwebdir/top.html※1
RSSwebdir/new.xml

※1 製品によってはこのファイルはありません。
※2 Ver. 5.0 以上で対応。

変更できる点

ディレクトリ名、ディレクトリの場所、ファイル名が変更できます。

変更できない点

4つのファイルを別々のディレクトリに書き出す事はできません。全て同じディレクトリの中に書き出されます。

変更方法

1.ディレクトリ名の変更

ディレクトリ名の変更をする場合、製品に含まれるディレクトリ webdir/ をアップロードする前にディレクトリ名の変更をして下さい。

例)
webdir/ -> news/


アップロード後、FTPソフトなどで名前を変更しても問題ありません。

【注意点】
一旦アップロード後にディレクトリ名を変更した場合で、FTPソフトで名前を変更するのではなく別の場所に新しい名前でディレクトリを作った場合は、下記の通り新旧ディレクトリの中味を一致させて下さい。
  1. 旧 webdir/ ディレクトリ内にあるディレクトリ(icons/、parts/、1/、2/、... など)を全てダウンロード。
  2. 新しく作ったディレクトリにアップロード。

2.環境変数の変更

admin/admin.cgi 内の環境設定を、変更する内容に合わせて書き換えて下さい(下表参照)。

変更するディレクト名・ファイル名 内容 設定する環境変数 行数(めやす)
webdir/ 書き出しディレクトリ名 $conf{web_dir} 125
$conf{relative_web_dir} 140
webdir/index.html 全一覧(目次) $conf{index_filename} 155
webdir/index_short.html 短い一覧(新着情報) $conf{short_list_filename} 185
webdir/1.html、2.html、... 詳細ページ ※3 $conf{article_filename} 215
webdir/top.html ※1 最新ページ $conf{top_filename} 215 または 245
webdir/new.xml RSS $conf{rss_list_filename} 230 または 265

3.アップロード

変更した admin/admin.cgi を上書きアップロードして下さい。

4.再構築

管理画面一覧の「再構築」ボタンを押して下さい。変更後の設定でファイルが書き出されます。

5.古いファイルの削除

変更前の名前で書き出されたファイルをFTPソフトなどで削除して下さい。自動では削除されません。

管理画面の URL 変更

管理画面の URL 変更が可能です。

対象ファイル

admin/
admin/admin.cgi


変更できる点

ディレクトリ名、ファイル名とも変更可能です。ファイル名の拡張子も変更可能です。

変更方法

アップロード前に名前を変更して下さい。
※ アップロード後、FTPソフトなどで名前を変更しても問題ありません。

確認

新しいディレクトリ名とファイル名で管理画面URLにアクセスして下さい。

管理用データの保存ディレクトリの変更

管理用のデータは、ディレクトリ名の変更と別の場所への移動ができます。

対象ファイル

data/
templates/
tempfiles/ ※

※ 製品によってはこのディレクトリはありません。

変更できる点

ディレクトリ名の変更、設置場所が変更可能です。

変更方法

1.ディレクトリ名の変更

ディレクトリ名の変更をする場合、アップロード前にディレクトリ名の変更をして下さい。

※アップロード後、FTPソフトなどで名前を変更しても問題ありません。

2.環境変数の変更

admin/admin.cgi 内の環境設定を、変更したディレクトリ名に合わせて書き換えて下さい。

ディレクトリと対応する環境変数は下記のとおりです。

変更対象ディレクトリ 内容 設定する環境変数 行数
data/ 登録データ保存用 $conf{data_dir} 65
templates/ テンプレートファイル用 $conf{templatedir}
$conf{admin_templatedir} ※4
$conf{article_templatedir} ※4
80
tempfiles/ ※4 一時ファイル用 $conf{file_dir} 95
$conf{relative_file_dir} 110

※4 製品によってはこのディレクトリ、環境変数はありません。

3.アップロード

変更した admin/admin.cgi を上書きアップロードして下さい。

4.確認

管理画面にアクセスして期待通り表示されれば変更完了です。

関連リンク

さらに詳しく